アチーブ、インパクトセミナー受講

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

投稿が遅くなりましたが・・・
2月23日に鹿屋の地にて、岸上委員長とセミナーを受講してきました。
鹿屋JCメンバーだけでなく、枕崎JCのメンバーとも交流することができ、そして、セミナーを通して多くの学びをいただきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
行きも帰りも運転してくれた岸上委員長に感謝です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

城下町として

ホテル熊本テルサにて行われた歌舞伎役者「六代目片岡愛之助」さんのトークイベント(「くまもと春のお城まつり」「第33回全国城下町シンポジウム熊本大会」のプレイベント)に、大久保監事、蓑田副理事長、岸上委員長、そして私の4人で参加して参りました。

本年度、私たち延岡JCは「第33回全国城下町シンポジウム(全城シン)熊本大会」の副主幹LOMを拝任しております。

さて、全城シンとは・・・?

”全国の城下町の青年達が一堂に会し、地域(まち)の人達とともに、地域(まち)の持つ可能性を見いだすための機会とし、年1回開催されています”

とあります。

この大会が、まちの魅力・宝である城山(延岡城跡)を活かして、本来持っているまちの可能性や、これからのまちの未来を考えていく、メンバー一人ひとりにとっての素晴らしい機会になれば良いと思っています。詳しい内容については今後、岸上委員長より理事会への議案上程があります。是非、積極的なご参画をよろしくお願いします。

(画像は全城連ホームページより転載)
zenjousin

地域ネットワーク推進室
室長 森山慎作

高速道路新時代

(一発目の記事更新、失礼させていただきます。)

新聞やメディア等でも連日報道されています通り、いよいよこの延岡に東九州自動車道が開通します。

一延岡市民として、これまで並々ならぬ時間と労力を費やし、この道路建設にご尽力されてきた諸先輩方にまずは深く感謝をしなければならないと思います。

と同時に、私たちはまちづくり団体の一員として、道路が通った先の未来というものをしっかりと考えていかなければなりません。

 

2~3月にはアスリート・まちづくりイベントや開通イベントがメジロ押しで、延岡JCはその重要な部分をいくつか任されています。

市民の皆様が一体感をもってこの喜びを分かち合い、このまちに明るい希望を持てるような、そんな高い、高い、さらに高い理想を持って、これからの活動に取り組んでいきましょう!

(画像は延岡市ホームページ:「高速道路時代元年」より転載)
1-2a

地域ネットワーク推進室
室長 森山慎作