副理事長 柳田慎司

基本方針 副理事長 柳田慎司

社団法人延岡青年会議所は戦後復興の思いを強く抱き、「修練・奉仕・友情」の三信条のもと、明るい豊かな社会を目指す地域のリーダーとして活動してきました。まずは先輩方が創ってこられた歴史と伝統に敬意を表し、そこに延岡JC会員であることの自覚を見いだしていかなければなりません。そして、私たちの新しい創造を融合して大きな目標を持って挑戦することこそ「明るい豊かな社会」の実現につながると私は確信いたします。
理事長は所信において、自己成長と仲間意識の重要性を説いております。まずは、自分が延岡JC会員であることの自覚を持って、己を律し「おもいやり」の精神を根底に、メンバーだけでなく家庭や会社、そして地域社会の方々にしめし行動することで、自己成長に繋げ周りの人間に「元気」を与える副理事長を目指します。さらに組織の団結のために両副理事長と固いスクラムを組み、お互いに青年会議所と真摯に向き合い共に行動することで、組織全体に刺激と愛を与え、会員一人ひとりが明るく元気で活気ある組織を目指します。これからも変化し続ける混沌とした時代に延岡JCが延岡JCらしく活動するには、やはり会員の成長は絶対不可欠で、組織は進化していかなくてはなりません。そのためにも地域社会の様々な人々との交流や青年会議所のスケールメリットである出向制度による交流によって生まれる新しい発想や価値観を自分の個性と融合させ自己成長を止めることなく日々進化させましょう。また、このように日々成長する多くの仲間と共に行動する事が延岡JCの存在価値を高め、私たちの愛する郷土延岡がさらなる発展をとげると確信します。
私は副理事長として、先輩方に成長の機会を頂いた貴重な体験をもとに、自分自身の青年会議所に対する気持ちをさらに覚醒し自己成長に務め、組織全体に元気と勇気を与えると共に、この組織の次世代を担う高い志を持った郷土延岡で活躍するリーダーの育成に努めます。さらに全ての物事を多面的に捉え、利他の精神を根底に、この組織を牽引する仲間と共に、若者らしく謙虚に実践力をしめすことで、理事長が託された役割を全うする決意をここに誓い一年間邁進いたします。