副理事長 蓑田章

基本方針   副理事長 蓑田 章

私たち社団法人延岡青年会議所は、創立以来多くの先輩方によって「自分たちのまちは自分たちでつくる」という創始の精神を脈々と受け継ぎ、これまで地域のために様々な活動、運動を展開してきました。しかし、一方で社会情勢を見るとグローバル化が進み、競争が生み出す新たな経済問題や地域間格差、また子どもたちを取り巻く環境の変化など、コミュニティが大切にしてきたものが徐々に失われつつあり、これまでと違う問題が顕著になってきました。私たちはそのような時代に生きる青年経済人として、このまちのために能動的に勇壮果敢に挑戦することで地域の発展に繋げなければなりません。
私たちは、この延岡の彩生のために、自己を律し、不屈の精神と感謝の気持ちを持って邁進していくという熱い思いでこれまで活動、運動をしてきました。この思いをさらなる形にするために私たちは地域や未来の子どもたちのために常に何をすべきか考え、身近にある潜在的な問題を見つける確かな目を持たなければなりません。そして、その目で見つけた問題に対してすべての会員が心を一つに英知と勇気と情熱を持って的確な行動を行っていきます。そのためにも私たちは、先輩方から脈々と受け継いできたこのまちに対する思いをさらに醸成し、それを次の世代に繋ぐ使命があります。そういった変わってはならない不変的なものを守るために、変わらなければならないこともあります。それは公益法人格への移行を目指すに当たりこれまでの伝統や誇りを継承しつつも不易流行を見極め時代の変化に的確に対応する力や資質を会員一人ひとりが養うことでさらなる組織の成長へと繋げることです。私たちが目指すべき公益性とは何なのか一つひとつの活動、運動を通して常に自ら検証することで、しっかりと地域に示すことも私たち組織に課せられた大切な役割であると考えます。
本年度のスローガンに人にやさしく己に厳しくとあります。人にやさしく出来る人間は相手の立場に立ち人の痛みや辛さを理解出来る人であり、それは自分が経験しないと真には理解出来ない事です。だからこそ私たちは、何事にも全力で取り組み様々な活動、運動を通し自らの資質を向上させ人間力を高めなければなりません。私は副理事長として理事長からの担いをしっかりと受けとめ組織を支え会員の気持ちをひとつにするべく感謝の気持ちを常に持ち、真に地域に必要とされる団体として、己を律し厳しく研鑽し明るい豊かな社会の実現に向け勇壮果敢に覚悟をもって邁進します。