地域ネットワーク推進室 室長 森山慎作

基本方針 地域ネットワーク推進室 室長 森山慎作

愛する郷土延岡において、日々刻々と変化する時代に柔軟に対応し、その時代をもリードするという気概をもって、地域の抱える様々な問題解決に取り組みながら、今日の社団法人延岡青年会議所は築かれてきました。私たちは次代を担う責任世代として、この歴史ある伝統と誇りを自身の胸に刻み、温故知新の精神をもって自己を成長させると共に、何事にも臆せず果敢に挑戦することで、このまちの明るい未来を創造していかなければなりません。
このまちの未来を考える上で、私たちの社会経済基盤である高速交通網の整備は大変重要です。未だ基本計画区間の存在する九州中央自動車道の建設の遅れに対して、志を同じくする一般社団法人熊本青年会議所と共に強固なスクラムを組み、これまで築いてきた絆をしっかりと紡ぎながらその早期整備の必要性を訴えます。そして、行政や神話トライネットとの連携、沿線地域や道づくりに携わる関係諸団体の皆様との交流を積極的に行うことで、私自身がまちに敏感な情報アンテナとなり、メンバーに対して新しい価値観や発想を得られる機会を提供します。さらに、まちを知り、人を知ることで強い問題意識と使命感を持った当事者となり、地域において真に必要とされる市民意識変革運動を起こすために積極的な変革を創造します。
私は組織の一員であるという自覚を常に持ち、自分に課せられた担いに対して真摯に向き合うことでさらなる自己成長に務めます。そして、副理事長と担当委員会、室長同士のパイプ役としての責任を全うし、率先してリーダーシップを発揮することで組織の活性化を図ります。また、すべての活動におけるプロセスを重視し、仲間を思いやり、修練・奉仕・友情の三信条をもとに答えを導き出していくことで、メンバーのさらなる成長へと繋げます。
行動こそが人を動かしまちを変えます。その変革を積み重ねた一年を振り返る時、そこには必ず己の自信と仲間の信頼・団結というたくましい橋が架かっていると確信します。私はその確固たる信念でJC活動に邁進することでLOMを動かす原動力となり、人々の元気と笑顔が満ち溢れ、勇気と希望の漲る力強いまち延岡を創造します。