専務室 専務理事 渡邉正太郎

基本方針 専務室 専務理事 渡邉正太郎

社団法人延岡青年会議所はこの混沌とした時代にあっても、時代の変化に対応しながらこの地域を愛して活動し、地域に求められる存在となりました。これからも地域を担う団体として「自分たちのまちは、自分たちでつくる」という創始の精神を忘れることなく、青年らしい勇壮果敢な行動で地域の明るい未来を切り拓き、脈々と受け継いできた「思い」と「地域の彩生にかける情熱」を繋いでいかなければなりません。
専務理事としての私の役目は理事長を支え、理事長が所信に込めた「思い」をLOM全体に伝播していくことです。そのために私は所信を誰よりも実践し、自分自身の見識を高め、常に前向きで若者らしく溌剌と振る舞い、私の活動を支えてくれる人たちへの感謝の気持ちを忘れず行動します。そして、LOM事業・各種大会に喜んで参画し、その魅力をメンバーに伝えることで積極的なJC活動への参画を促し、一緒に汗をかきそこで得た感動や楽しさを共有することで、同じ目的に向かって進む「団結力」と「思いやり」のある組織を実現していきます。そして総務広報委員会とともに内外に私たちの地域に対する情熱を確実且つ、迅速に届ける広報活動を行いまた、渉外財政委員会と一致団結してこれからも延岡JCの運動を未来へ繋げていけるよう徹底した財務管理と他団体や他LOMと綿密な連絡を行うことで対外的な窓口としての役割を全うしLOMの足元をしっかりと固めていきます。加えて意義と目的のある厳粛な例会の開催、円滑で密度の高い理事会を運営するための情報の確認と共有を綿密に行います。
私は今年で入会8年目を迎えます。これまで先輩方の背中を見ながら活動し、「気づき」や「感動」という何物にも代えられない財産をいただいてきました。これから私は専務理事としての活動を通して、その財産を未来へと繋げていく存在となれるよう誰よりも泥にまみれ、汗をかき「縁の下の力持ち」としてどうすればLOMや地域に貢献できるのかを常に考えて行動していきます。最後に、誰よりも私の成長を願い専務理事という大役を与えていただいた理事長が常に輝いて活動できるよう、全身全霊をかけて一年間担いを全うすることを誓います。