まち未来創造委員会 委員長 岸上康男

まち未来創造委員会

委員長 岸上 康男
副委員長 古賀 慶次
委員 寺田 龍一郎
委員 柳田 泰治
委員 神田 兼司
委員 髙橋 正宏
委員 酒井 康孝
委員 髙森 大輔
委員 黒田 英治
委員 伊藤 岳大
委員 鎌田 英宣

基本方針
延岡市は企業城下町として栄え、陸の孤島と呼ばれながらも県北の要の都市となり、その中で私たちは、まちづくり・ひとづくりに邁進してきました。2015年には東九州自動車道鹿児島・北九州間が開通の見通しであり、人・物の移動が活発化され様々な効果が期待されています。都市間競争を生き抜き、懸念されるストロー現象を回避し、このまちが東九州の基幹都市となるためには、市民・行政・関係諸団体との繋がりをより深め、私たちが一致団結してまちの活性化を図り、明るい豊かな未来を創っていかなければなりません。
まずは、行政・まちづくり団体が各々の取り組みを知り、地域の進むべき方向を明確にし、魅力を高めていくきっかけを得て、今後の運動の基盤とするために、公開型例会アワーを開催することで、地域のさらなる活性化を図ります。そして、産業、経済、文化の交流や発展と、救急医療活動の改善、災害時の代替路の確保、観光促進に効果をもたらす九州中央自動車道の必要性を訴え、沿線地域の団体を巻き込んで広域的な運動を発信するために、一般社団法人熊本青年会議所との共同事業を開催することで、それぞれの地域の発展に繋げます。さらに、LOMという枠組みを超え、高速道路建設促進運動をより強固なものとするために、関係諸団体と連携し、神話トライネット会議の運営を行うことで、九州中央自動車道の早期実現に向けた体制を構築します。また、メンバー一人ひとりがまちづくりへの参画意識を高め、社団法人延岡青年会議所の創立60周年に向け、一致団結して私たちの運動を強く発信し、市民の明るい希望となるために、メンバーに今後のJC運動への活力を与える例会アワーを開催することで、私たちが情熱をもって行う運動を地域社会に根付かせます。
私たちは、仲間との固い友情を育みながら、自らを奮い立たせ力の限り元気に行動することで、まちの活性化の原動力となり、市民一人ひとりが地域の発展を願い行動し、笑顔の絶えない活気ある郷土延岡の実現に繋げます。

行動計画
1.会員拡大への組織的な取り組み
2.一般社団法人熊本青年会議所と九州中央自動車道の早期実現に向けた共同事業の開催
3.行政・まちづくり団体が地域の魅力を高め、今後の運動に繋げる公開型例会アワーの開催
4.メンバーのさらなる意識向上と一致団結を図り、今後のJC運動への活力を与える例会アワーの開催
5.神話トライネットとの連携
6.例会出席率100%の取り組み
7.LOM事業への能動的な参画による各委員会への思いやりある協力
8.地域のために活動する団体との積極的な交流、支援、協力
9.JCI、日本JC本会、各協議会の各事業、各種大会への能動的な参画、支援、協力