アカデミー委員会 委員長  小川威興

アカデミー委員会

委員長  小川 威興
副委員長 寺内 大輔
副委員長 髙本 幸一郎

基本方針
社団法人延岡青年会議所は、郷土延岡のさらなる発展を目指し、多くの先輩方がこれまで活動してきました。新入会員は、同じ志を持った仲間と共に学び、共に成長し、自信と誇りを持って青年らしく元気に活動し、「個人の修練・社会への奉仕・世界との友情」の三信条を肌で感じてもらい、先輩方のこれまでの活動や思いをしっかり継承していかなければなりません。
まず、新入会員が初めて企画運営を行う今山大師祭(だんじり)では、自分たちで考え、立案し、委員会を何度も重ね、仲間と意見をぶつけ合いながら修練を乗り越え、思いのこもった事業を計画します。また、事業に参加していただくメンバーへの感謝の気持を忘れずに、多くの事業に参加することでメンバー同士が交流し、共に奉仕の精神を学び事業の大切さを感じてもらいます。出席が義務である例会では、理事長挨拶からJCがどんな活動・運動を行い、どんな思いがあるのかを学びます。そして、3分間スピーチでは、入念な事前準備の大切さと元気に自己を表現できる力を養います。1年間の最後の事業で会員間の交流を図る忘年会では、新入会員の成長と仲間同士の絆、友情を全メンバーに感じてもらい、これからのJC活動をより実りのある素晴らしいものにします。さらに、先輩方や関係諸団体と各種事業において交流をすることで、「自分たちのまちは自分たちでつくる」という思いを継承できるメンバーを育成します。また、JCのスケールメリットを活かし、各種大会や研修に共に参加することで、JCの無限の可能性や面白さを感じてもらいます。
この1年間は新入会員メンバーにとって多くの出会いがあり、とても重要な1年です。まずは私が両副委員長と力を合わせ積極的に各種運動・事業に臨むことで新入会員の背中を後押しします。また、時には厳しく、時にはやさしく、愛を持って新入会員メンバーに接し、青年経済人としての資質を高め、リーダーシップを養います。明るい豊かな社会の実現に向けて、勇壮果敢に邁進する仲間たちの「栄光への架け橋」の道標になるように、この1年間を力の限り、「覚悟」をもって活動・行動します。

行動計画
1.会員拡大への組織的な取り組み
2.今山大師祭(だんじり)への参画
3.例会での3分間スピーチの運営
4.忘年会の開催
5.後藤勇吉生誕118メモリアル事業への取り組み
7.例会出席率100%の取り組み
8.LOM事業への能動的な参画による各委員会への思いやりある協力
9.地域のために活動する団体との積極的な交流、支援、協力
10.JCI、日本JC本会、各協議会の各事業、各種大会への能動的な参画、支援、協力