総務広報委員会 委員長 津野佳奈子

総務広報委員会

委員長  津野佳奈子
副委員長 林大樹
委員   金丸珠美
委員   西谷彰二朗
委員   大内田治紀
委員   森迫麻紀子

基本方針
総務広報委員会は組織の縁の下の力持ちとして円滑にJC活動が行われるように、与えられた職務を全うしメンバー間、委員会間の潤滑油であると同時に、LOMの情報発信基地として市民との架け橋となる必要があります。地域のまちづくりのために青年らしく勇壮果敢に行動するメンバーの溢れんばかりの情熱を、今まで以上により広く地域の皆様に知っていただくために、広報活動において最善を尽くして注力しなければなりません。
まずはJC活動で最も重要である例会を厳粛且つスムーズな運営で行い、メンバーが例会での学びを肌で感じることにより個人として意識の向上を醸成することに繋げます。そしてメンバー同士で思いを共有し信頼できる絆を構築し、組織としての団結力を高め、年間を通して誰もが自然と足を運びたくなるような例会の環境づくりを徹底します。また、新年会では、新年度の指針や方針、そして新たな組織での活動を関係諸団体や先輩方にしっかり伝えるために企画運営を行います。さらにホームページなどを使い各事業の魅力を対外および対内にわかりやすく発信することで事業への参画意識を高め、わたしたちが率先して各委員会の事業に参画し、思いを共有しながら情報提供を行います。また、多くの方々に延岡JCの活動内容や熱い思いを理解して頂ける対外広報誌を作成し、魅力を広く発信することで会員拡大にも繋げていきます。さらに、日本JC公認プログラムを開催し「自己を知り、相手を知る」ことでコミュニケーション能力を向上させ、メンバーの成長へと繋げます。卒業式では心から感謝と敬意を表し卒業生と現役会員の絆が深まるように企画運営し、卒業されるメンバーのこれまでの数々の功績を称えます。
延岡JCという舞台に立つメンバー一人ひとりが主役であり我々がスポットライトを照らし、その輝きを対外および対内に発信することで、LOMの活性化に繋げていきます。そして「普段は気づかないけれど、なくては困る」そんな空気のような存在になるよう委員会メンバー一丸となって活動します。

行動計画
1.会員拡大への組織的な取り組み
2.例会の企画運営及び出席率向上の励行
3.新年会の企画・運営
4.魅力を発信するホームページの管理・運営
5.魅力溢れる対外広報誌の発行
6.資質向上のための例会アワー(日本JC公認プログラム)の開催
7.卒業式の企画・運営
8.例会出席率100%の取り組み
9.LOM事業への能動的な参画による各委員会への思いやりある協力
10.地域のために活動する団体との積極的な交流、支援、協力
11.JCI、日本JC本会、各協議会の各事業、各種大会への能動的な参画、支援、協力