総務広報委員会

総務広報委員会

 


  • 委員長 古賀 慶次
    ㈱クレイン

  • 副委員長 津野 佳奈子
    (有)大臣

  • 土持 章
    土持左官



  • 山口 貴広
    佐藤焼酎製造㈱
    企画監理課主任

  • 吉田 勇也
    ㈱吉田しろあり
    専務取締役


【基本方針】

総務広報委員会は例会の運営をはじめ各種事業へ参画し、情熱をもって活動する全会員の姿を捉え青年会議所の魅力を広く発信してきました。私たちはこれまでの歴史に感謝の心を持ち、より強固な友情を育む機会を創造し、延岡青年会議所の魅力を発信するとともに、その熱い情熱を次の世代に繋いでいく責務があります。まずは、青年会議所活動の中で最も重要である例会において、厳粛かつスムーズな運営を行い、全会員が理事長の情熱と仲間が切磋琢磨し挑戦する姿を共有することで、会員の心が更に団結することを目指します。そして、各委員会と連携を図るだけでなく会員一人ひとりに例会の事前案内を徹底し、例会出席率100%を実現します。さらに、新年会においては、関係諸団体の皆様と先輩方に理事長の情熱を伝え、2016年度新体制の組織と方針を紹介し、一年間の活動をより円滑に進めていくためにも全会員でおもてなしの心をもって皆様をお迎えし交流を深め、自分たちの見識をさらに広められる貴重な機会となるよう企画運営致します。また、卒業式においては、卒業を迎える会員のこれまでの功績を讃え在会会員がその情熱を受け継ぎ、感謝の心を伝えるために笑顔と涙に包まれる感動的な式典を企画運営します。そして、延岡青年会議所の各種事業や活動をホームページにて情報を発信するとともに、より多くのかけがえのない仲間をつくるために、より良い対外広報誌を作成し年間を通し私たちの活動を分かりやすく広く伝えてまいります。さらに、各委員会と連携を図り事業に対する情熱を広く発信するために、各委員会によるホームページ更新の実施と対外広報誌の周知を行い、会員一人ひとりの広報意識を醸成します。私たちは、例会や様々な事業へ当事者意識を持ち積極的に取り組み、情熱をもって挑戦する仲間に光を当てその姿を広く発信することで、人を見る力を養い、人の痛みや努力を感じ、仲間に手を差し伸べることができる人財として、地域から信頼される組織となることを誓います。

【行動計画】

  1. 全会員による組織的な会員拡大への取り組み
  2. 例会出席率100%への意識確立
  3. 例会及び合同例会の企画運営
  4. 新年会の企画運営
  5. 卒業式の企画運営
  6. ホームページの運営管理
  7. 対外広報誌の発行
  8. 創立60周年に向けた意識の醸成
  9. LOM事業への積極的な参画による会員一人ひとりの成長
  10. JCI、日本本会、各協議会の各種大会、各事業への積極的な参画
  11. 関係諸団体との積極的な交流