活気あふれる地域交流委員会

活気あふれる地域交流委員会

 


  • 委員長 小谷 圭司
    和塗装 代表

  • 副委員長 髙本 幸一郎
    (株)山崎造園管理

  • 佐藤 和俊
    (有)ふじファーマシー
    きたかた調剤薬局
    管理薬剤師



  • 夏田 優一
    リフォームと不動産
    Home-One

  • 野中 健雄
    今山大師善正寺 副住職

  • 渡辺 翔太
    ㈱渡辺商運 主任


【基本方針】

郷土延岡は豊かな自然に恵まれ水郷延岡の利点を活かした産業を中心に、県内屈指の工業都市に発展してきました。創立60周年を翌年に控え、郷土延岡の発展に向けた計画を立てると共に関係諸団体との協力体制の強化が必要です。また、東九州自動車道が概ね開通し、九州における循環型高速道路網の効果を最大に発揮し、地域住民が連携し九州中央自動車道の全線開通を目指すと共に、地域住民によるまちづくりに対する意識を向上させ活気溢れる力強い地域を実現しなければなりません。まずは、沿線地域住民や関係諸団体と地域医療や防災、地域間の円滑な交流に必要不可欠な「命のみち」である九州中央自動車道の現状を知るために行政と沿線地域住民を交えた勉強会を開催します。そして、高速道路の開通後を見据えた地域社会を真剣に考え一体的な発展を共通の目標にし、仲間意識を喚起するために委員会活動を通して交流を重ねます。さらに、地方の声をより大きく中央政治に伝えるために、熊本青年会議所と共に沿線地域の青年会議所会員や、関係諸団体と交流を行い、同じ目的に向かって切磋琢磨し友情を深めることで継続して協力し合える関係を強固にすると共に、それぞれの地域に顕在する問題点と、発展に向けたストック効果を地域間で共有することにより、自発的な市民運動へと繋げより説得力のある合同事業を開催します。また、神話トライネットや関係諸団体と有機的に連携し、官民が一体となって九州中央自動車道の必要性を広域的に発信することにより市民意識を醸成し、今後展開される高速道路建設運動の積極的な参加に繋げます。そして、市民が主催するまちづくり事業に積極的に参画することで、地域の文化や歴史に触れ未来の希望である子ども達にまちづくりに関わる楽しさを知って頂き今後開催される延岡青年会議所活動の参加に繋げます。私たちは一年間の活動を通して、情熱と思いやりを持って積極的に挑戦し続けることで、地域に必要とされる人財に成長します。さらには、交流を重ね強固な繋がりを持った関係諸団体と共に有機的に行動することで、彩溢れる郷土延岡を実現します。

【行動計画】

  1. 全会員による組織的な会員拡大への取り組み
  2. 例会出席率100%への意識確立
  3. 一般社団法人熊本青年会議所との交流・合同事業
  4. 神話トライネット
  5. まつりのべおかへの参画
  6. 創立60周年に向けた意識の醸成
  7. LOM事業への積極的な参画による会員一人ひとりの成長
  8. JCI、日本本会、各協議会の各種大会、各事業への積極的な参画
  9. 関係諸団体との積極的な交流