渉外財政委員会

渉外財政委員会

【基本方針】

一般社団法人延岡青年会議所は、公益法人制度改革に基づいて一般法人格を取得し、公益目的支出計画を提出することになりました。本年も、計画に基づいた各委員会の事業や創立60周年事業、その他各事業に関する効果的な財政管理をする必要があります。そして、組織の下支えとなり全会員が行動力をもって積極的に様々な事業に参画できるような環境作り、各委員会との絆で結ばれた団結力のある組織にしていかなければなりません。

まずは、LOM全体のスケジュール把握と情報伝達を念頭に置いて、監事・三役・各委員長と連携を築き、三役会、理事会運営に対して「5・3運動」を推進し提出資料の管理と3日前配信を徹底することで、円滑な会議運営をします。そして、各委員会との連携を築き、各事業へ率先して参画することで、LOMが団結するよう活動してまいります。さらに、専務理事と連携し、日本本会・九州地区協議会・宮崎ブロック協議会・関係諸団体の情報収集に努め、個々の意識の向上と成長を図る各種大会の情報を全会員にいち早く発信し、各種大会に多くの会員で参画することで、延岡青年会議所を代表して出向された会員の活躍を後押しします。また、出向の意義と得られた経験を全会員に伝播させる出向者アワーを開催し、出向することが自己の成長の機会であるという意識を醸成していきます。そして、各委員会と連携及び情報を共有して適切な予算作成や執行を行うことで、会員の皆様からお預かりする大切な会費の使用目的を明確にします。さらに、財政に関して全会員に理解していただくために例会アワーを開催し、財政に関する知識を深めていただきます。また、記念誌・総務部会長とプロジェクト会議を円滑に運営すると共に先輩方の築き上げた功績や伝統を学び、継承していく記念誌を部会メンバーと共に全力で作成してまいります。

渉外財政委員会・事務局は1年間、「行動力と団結力で輝かせよう彩溢れる郷土延岡」の実現のため自ら強い行動力で積極的に様々な事業に参画していき、全会員が積極的な事業への参画ができる環境にしていきます。そして、委員会メンバー一丸となり、様々な事業へ率先して行動ができ、全会員が強い絆で結ばれた団結力のある組織の中で輝ける人財へと共に成長していくよう邁進していきます。

 

【行動計画】

1.渉外・財政

2.三役会・理事会の運営

3.定時総会・臨時総会の開催

4.例会アワーの開催

5.記念誌・総務部会