サイクリングフェスティバルを開催しました

九州中央自動車道を周知し、その必要性をさらに多くの市民に感じていただき、全線開通に向け高まってきている市民や関係諸団体の思いをさらに強くすることを目的とし、60周年記念 第8回九州中央自動車道建設促進事業 サイクリングフェスティバルを開催しました。

山都町役場を出発し、道の駅 清和文楽邑、特産センターごかせ、道の駅 高千穂、道の駅 青雲橋、道の駅 よっちみろ屋のご協力のもと各地で署名を集めながら区間68kmを一般社団法人熊本青年会議所と共に走破しました。

首藤正治延岡市長、清本英男延岡商工会議所会頭、熊本河川国道事務所、延岡河川国道事務所、延岡市高速道対策課、五ヶ瀬町商工会青年部、日之影町商工会青年部、山都町・五ヶ瀬町・高千穂町・日之影町・北方町の道づくりを考える女性の会、神話トライネット、先導していただいたサイクリングチームの皆様のお力により事故や怪我もなく事業を終えることができました。