三役紹介


副理事長 夏田 優一

【基本方針】

私たちは無限に広がる大きな未来に夢や希望を抱いてJC運動を展開しております。

修練・奉仕・友情の三信条のもと、多くの出会いや学びを通した気づきを持って新しい自分を見つけ、JAYCEEとして成長する機会を逃すことなく、事業にしっかりと向き合い、メンバー同士が切磋琢磨する中で自己成長に繋げ、地域を牽引するリーダーとして地域に求められる存在になる必要があります。

まずは、第44回宮崎ブロック大会を主管させていただく立場として、市民の皆さまに地域の問題や課題に当事者意識を持って取り組んでいただくために、JC運動をより効果的、効率的に発信することのできる場を提供することで市民意識の変革に繋げます。そして9年ぶりの主管LOMとして参画できることは大きなチャンスと捉え、メンバー一人ひとりが成長の場として積極的に取り組むために、交流を通して新しい同志との出会いや研鑽に励むことで、JAYCEEとしての資質を向上させる機会を創出します。またメンバーが一致団結して事業に取り組み、真に地域に求められる団体になるために、各LOMと密に連携をとり、大会構築を行っていくことで、延岡青年会議所としての資質を向上させる機会を創出します。さらに、新しい仲間を増やすために大会を絶好の機会と捉え活用することで、同じ志をもったメンバーの拡大に繋げます。

私は副理事長として理事長を補佐するとともに、委員会にとって大きな存在になります。メンバーから頼られる存在として自ら率先して事業に参画し、ともに汗をかき、涙を流し1年が終わるころにはメンバーが大きく成長することができるように情熱を持ってJC運動に取り組んで参ります。



副理事長 梶原 靖正

【基本方針】

私たちは修練・奉仕・友情の三信条の基、明るい豊かな社会の実現を目指し日々活動しております。昨年創立60周年を迎えることができたのは創立以来、多くの先輩方が高い志と強い使命感を持って地域の未来を思い描き、語り合い、運動を継続された賜物です。あらためて先輩方、関係諸団体の皆様に感謝し、延岡青年会議所のメンバーであることに誇りを持ち、まちの未来を本気で考え行動する存在であることを自覚し本年、理事長が掲げるスローガンのもと己を信じ、仲間を信じ溌剌とまちの未来を切り開いていかなければなりません。

まずは、多くのまちづくり団体がある中、私たちの運動を更に地域に伝播し続けるためには、メンバーの拡大は最優先課題であります。メンバーの拡大がまちづくり運動を興していく第一歩だと考え、JC運動で得た経験や学びをメンバー全員が誇りに思い、情熱を持って私たちの運動を伝播することで、多くの新たな仲間を迎え入れていきます。そして、私たちは昨年創立60周年に、延岡城下町プロジェクトを打ち出しました。延岡の歴史を学び感じることで郷土愛を深め、より多くの延岡の魅力に触れていただくために、延岡の歴史・旧跡を活かしたまちづくり運動を推進してまいります。さらに、九州中央自動車道の必要性を訴え市民運動の基盤を築き早期着工を実現するために熊本青年会議所と力を合わせ郷土の未来のために率先して行動してまいります。また、郷土の未来を担う子どもたちのため、私たちが見本となり仲間とともに溌剌と行動し、学びや行動できる機会を提供することで子どもたちが持つ無限の可能性を広げ未来を担う魅力ある人財育成事業を行ってまいります。

「本当の失敗は何もしないこと」何事も行動に移さなければ絶対に成功しません。しかし一歩でも行動に移せば成功する可能性が生まれ、たとえ行動に移し成功しなかったとしてもそこから学べることがあります。私は何事も目的を明確にし、物事の本質を見極め、一歩を踏み出せる人財へと成長し、まちの未来を真剣に考える仲間とともに1年間、精一杯取り組んでまいります。



専務理事 首藤 一太郎

【基本方針】

1957年7月25日の創立以来「自分たちのまちは自分たちでつくる」という創始の精神を基に活動を続けてきた私たち延岡青年会議所は61年目を迎えました。これも21名のチャーターメンバーをはじめとした強い志を持って活動されてきた先輩方と、長きにわたりご支援ご協力を頂いた市民の皆様や関係諸団体、行政の皆様の存在があったからに他なりません。これまでの歴史の中で先輩方が築いてこられた伝統と功績に感謝の意を示すと共に、今度は私たちが次世代のメンバーに向け溌溂と活動する環境をつくっていく必要があります。

まずは、専務室が延岡青年会議所の扇の要であることを自覚し、理事長の思いを全メンバーに伝播させるためにメンバー一人ひとりと連携を深め延岡青年会議所が進むべき方向へ活動が行えるよう努めてまいります。そして、多くの価値観を持った仲間と青年会議所の目的を正しく理解し、志同じく積極的に活動することで揺るぎない団結力を醸成し存在感ある人財を育成してまいります。さらに、メンバーの皆様が有意義な活動ができるようにこれからを見据えたLOM会計の運営、意義と目的をもって参加できる例会、円滑な理事会の運営を行えるよう積極的に行動してまいります。また、第44回宮崎ブロック大会を主管させていただくにあたり、宮崎ブロック9LOMの連携をはかり様々な情報を正確に受信し精査した上で速やかに発信してまいります。メンバー全員が情報を共有することでコミュニケーションを深め、絆を育み、同じ志をもって大会を成功させる為に本気の行動力を導き出す環境づくりに努めてまいります。

私たちは、青年会議所の活動を通じて多くの人と出会い、共に活動するなかで新たな価値観や気づきを得ることで自らの成長に繋げます。私はこれまでの活動の中で関わってきた全ての皆様に感謝の気持ちを忘れずに、その恩を次世代にしっかりと伝えていくためにも、自らを律して率先して汗をかき、ともに学び真摯に運動に取り組んでまいります。



溌剌行動力育成室 室長 小野 琢也

【基本方針】

延岡青年会議所は創立以来、地域活性化の要となる人財を多く輩出してきました。しかし会員数は、100名以上在籍した時代に比べ徐々に減少傾向にあります。愛する延岡をさらに活性化し、継続されてきた運動や活動を行い、そして新たな運動や活動をさらに創造していくことが求められる我々には、自ら考え率先して行動でき、継続的に拡大し存在感のある人財を育成していくことが必要不可欠です。

まずは、会員数が減少傾向にある原因は何かをしっかりと検証し、全会員に対して会員拡大の必要性を訴え、計画的かつ能動的に行動し、会員拡大活動に全力で取り組みます。そして、私たちの持つ郷土愛が創りあげてきたこれまでの様々な青年会議所運動を、市民や関係諸団体へと発信し、共感を得ていただくことで、郷土の未来を創造する仲間を一人でも多く迎え入れていきます。さらに、新入会員には青年会議所メンバーとしての基本行動を徹底して伝えるとともに、LOM事業はもとより、JCのスケールメリットを生かした各種事業・大会への参加を強く推進し、延岡や県内外各地に広がる同じ志を持った仲間との出会いの機会を創出していきます。また、延岡の歴史や偉人の功績を称え、多くの方々に知っていただくために、歴史を学んでいただきながら関係諸団体とともに発信していくことで、新たな気づきを得る機会をつくり、発想力を醸成します。そして、延岡青年会議所を築いてこられた先輩方への感謝の気持ちを持っていただき、歴史を学び、先輩方との出会いの機会を創出することで、延岡青年会議所の伝統を継承し、未来に繋げていくことのできるメンバーへと成長させていきます。

1年間を通じてメンバー一人ひとりが自ら足を運び、青年会議所の持つ魅力とは何かを認識し、自信を持って仲間とともに溌剌と行動できる人財へと成長を遂げ、その経験を活かして、今後の延岡青年会議所の礎となり地域を活性化できる人財へと成長してまいります。



心あるまちづくり室 室長 古賀 慶次

【基本方針】

郷土延岡において、東九州自動車道の整備が進むことで高速道路の利用が拡大し、九州中央自動車道の全線開通へ向けた機運が高まる中、地域間競争の激化や近年増加傾向にある自然災害のリスクなど様々な問題や課題を抱えております。私たちは、日々変化する地域情勢の中で、郷土の明るい豊かな未来の実現に向けて、持続的なまちの発展を考え議論を尽くし、青年らしく失敗を恐れずに広域的な運動を展開して行く必要があります。

まずは、まちの発展や地域医療または災害対策を考える上で不可欠である九州中央自動車道の早期全線開通実現のため、志を同じくする一般社団法人熊本青年会議所との交流を通し継続的な協力関係をより深め、九州中央自動車道建設促進事業を構築し、沿線地域を巻き込んで市民運動の活性化を図るとともに、まちづくりにおける九州中央自動車道の必要性を訴えてまいります。そして、まちの発展のためには九州における循環型高速交通網の整備が必要不可欠です。青年会議所が持つネットワークを存分に生かして、神話トライネットや沿線地域の関係諸団体と連携し、広域的な運動を展開することで地域の一体的な浮揚に繋げてまいります。さらに、東九州の高速道路時代の幕が開けつつある中、地域間競争の激化に伴い、滞在人口の増加に繋がる魅力あふれるまちづくりを推進するため、延岡青年会議所が創立60周年に提唱した延岡城下町プロジェクトを軸に、まちの象徴的観光資源である城山を中心としたまちづくり運動として、延岡の歴史と文化にあらためて触れる機会を創出することでより深い郷土愛を育み、人とまちが一体となる延岡城下町ブランドの確立を目指します。

行動が必ずしも幸福をもたらすとは限りませんが、行動のない所に幸福は生まれません。私は、常に他を思いやる心を持って、失敗を恐れることなく己と仲間を信じ率先して前向きに行動することで、JAYCEEとして、また一人の青年として郷土に必要とされる魅力ある人財へ成長します。



未来創造推進室 室長 粂田 彰則

【基本方針】

私たちが住むまちは、これまで多くの先輩方や市民の手により支えられ発展し続け、今も尚明るい豊かな社会を目指し多くの方々が運動を続けています。日々変化する現代社会において、情報化社会の発展により利便性の向上が図られる中、人間関係の希薄化やコミュニケーション能力の低下などが問題視されています。責任世代である私たちが未来を担う人財を育て、それらの問題を解決に導き、まちの発展へと繋げていく必要があります。

まずは、私たち大人が未来に対して夢や希望を持つ魅力ある人財となり、まちの未来と子どもたちの未来を背負うことを自覚し、責任感を持って行動し成長してまいります。そして、大人が真剣に取り組む姿を見せ、本気の行動や厳しさを見て感じてもらうことで子どもたちの成長へと繋げます。さらに、その中でメンバー自身もまちの未来を担うという自覚を持ち、さらなる成長へと繋げていきます。また、子どもたちを支援する様々な運動を開催し、各種団体との交流を継続して行うことで、子どもたちが持つ無限の可能性をどこまでも伸ばすことができる機会を創出します。そして、これからも明るい豊かな社会の発展へと繋げていくために、自分たちのまちの素晴らしさを真剣に学び、楽しむことができる事業を開催し、まちの魅力を知り、より一層の郷土愛と人を思いやる豊かな心を育み、明るい豊かな社会の創造に繋げていける人財を育成します。さらに、同じ目標を持った人財同士が切磋琢磨しながら個々の可能性への挑戦や、仲間とともに大きな目標に向かって取り組む機会を創出し、未来に対して夢や希望を持つことができる事業を行います。また、まちの魅力の一つでもある自然を活かし、コミュニケーション能力の向上や人との連携など、これからの人生に必要不可欠な学びを得ることのできる事業を開催します。

私は1年間、自分と仲間を信じ、このまちの発展のために自らを律し何ごとにも真剣に取り組み、溌剌と行動していきます。私たち青年会議所の運動が、大切な郷土と未来を託す子どもたちを育て、まちの未来へと繋がっていくのです。私はその信念を持ちこれからの運動に邁進し、何ごとにも本気で取り組むことで明るい豊かな社会の実現に繋げます。