渉外財政委員会


委員長 甲斐章一郎

【基本方針】

延岡青年会議所は先輩方が強い志と情熱を注いできた運動を継承し、61年目を迎えました。更なる郷土延岡の発展に向けて、全メンバーが各事業に溌剌と参加する環境をつくり、その姿に共感を生み郷土の未来を創造する仲間を継続的に迎えメンバーの拡大へと繋げ、同じ志をもち一致団結した組織の構築と次世代に向けての継続的かつ効果的な体制をつくっていく必要があります。

まずは、組織の中核を担う三役会、理事会の運営において、円滑で活発な議論が交わされる会議を開催するために、早期のスケジュール管理と情報伝達のもと、三役理事と密に連絡を取り合い、事前の入念な準備を行うための提出資料の管理と3日前配信を徹底します。そして、各事業へ率先して参画することによりメンバー一人ひとりと積極的なコミュニケーションを図り、円滑な事業運営のためのきめ細やかなサポートの実践により各委員会が強固に連携する一致団結した組織を構築します。さらに、多くの気づきを得られる各種大会や事業に多くのメンバーで参画するために、専務理事と連携し、日本本会・九州地区協議会・宮崎ブロック協議会・関係諸団体の情報収集に努め、その情報を迅速に発信し、個々の意識の向上と成長を促します。また、出向し得られた自己の成長や経験をLOMにフィードバックすることで成長の連鎖を生み出すために出向者アワーを開催し、出向することが自己の成長、ひいてはLOMの成長へと繋がるという意識を醸成します。そして、メンバー一人ひとりからお預かりする大切な会費を、各委員会と連携し情報を共有することで適正な予算編成・執行に努め、各事業を円滑に行うための財務管理を行います。

私たちは、組織における委員会としての担いの重要性を自覚し責務を全うすべく積極的に事業へ参画し、きめ細かなサポートとコミュニケーションにより、全メンバーが積極的に事業に参画できる環境を構築します。そして、運動を通して得られる新たな気づきから個々の人間力を成長させ、委員会メンバー一丸となり結束の輪をLOM全体へと広げ、郷土延岡の今と未来を創造する溌剌とした延岡青年会議所の構築に必要な人財へと成長します。

【行動計画】

1. 総会・臨時総会の開催
2.関係諸団体との正確で迅速な渉外・適正な財政運営と執行
3.宮崎ブロック大会実行委員会及び担当部会への積極的な参画
4.全会員による組織的な会員拡大への取り組み
5.例会出席率100%への意識の向上と共有
6.LOM事業への積極的な参画による会員一人ひとりの成長
7.JCIASPAC、全国大会副主管への積極的な参画・支援・協力
8.JCI、日本本会、各協議会の各事業、各種大会への積極的な参画、支援、協力
9.関係諸団体との積極的な交流・支援・協力
10.三役会・理事会の運営
11.例会アワー(出向者アワー)の開催