次代に繋ぐまちづくり委員会


委員長 吉田 勇也

【基本方針】

 郷土延岡には豊かな自然をはじめ、歴史・文化・伝統など住み暮らす人々に浸透しきれていない多くの魅力があります。それらの秘められた魅力を、より広く発信していくために、私たちは「自分たちのまちは自分たちで作る」という創始の精神のもと、運動を続けてきた先輩方の思いを受け継ぎ、明るい豊かな郷土延岡の実現に向けて、魅力あるまちづくりを推進し、次代に繋いでいくための運動を続けていく必要があります。
 まずは、まちの発展を考える上で不可欠な郷土に愛着と誇りを持つ人財を増やすため、その価値を改めて知る機会を創出し郷土延岡の魅力や伝統文化を発信してまいります。そして、郷土の魅力を活かしたまちづくりの一環として、まちの重要な観光資源の1つである城山を活用した延岡の歴史や文化に触れる事業を多くの方々に発信し、地域社会を巻き込み開催する事で、郷土への愛着と誇りを持っていただき市民意識の向上に繋げ、延岡青年会議所が創立60周年の際に提唱した延岡城下町プロジェクトを推進して参ります。さらに、延岡の歴史や風土を学び郷土に対する誇りを育むために、第11回延岡蓬莱かるた大会を開催するとともに、延岡蓬莱かるたの啓発活動を行うことで延岡の歴史や文化を学ぶことができ、多くの方々にこのまちの魅力を再認識してもらい郷土愛の向上に繋げます。また、メンバー一人ひとりがまちづくりへの当事者意識を持ち、参画意識をさらに高めるために、郷土の魅力や伝統文化ならびに、まちの観光資源を学び共有できる例会アワーを開催し、まちづくり運動への意識の向上に繋げます。
 私たちは、1年間を通して郷土延岡の誇りを胸に、最後まで諦める事なく、何事にも真剣に取り組み情熱を持って運動してまいります。そして、自らが模範となれるよう己を律し行動することで、私たち一人ひとりの成長となり、次代へと繋がり、このまちの明るい豊かな未来の実現に繋がると信じ活動してまいります。

 

【行動計画】

1.全会員による能動的な会員拡大への取り組み
2.城下町プロジェクトの開催
3.第11回延岡蓬莱かるた大会の開催
4.例会アワーの開催
5.例会出席率100%への意識の向上と共有
6.JCI、日本本会、各協議会の各事業、各種大会への積極的な参画、支援、協力